燃料費調整制度における基準燃料価格および基準単価の見直し

燃料費調整制度における基準燃料価格および基準単価の見直し

今回の値下げと合わせて、燃料費調整の前提諸元についても、発電構成や燃料価格の変更に伴い、見直しを実施しております。

  • <基準燃料価格>
    値下げ前 値下げ後
    40,700円/kl 25,500円/kl
  • <基準単価>
    値下げ前 値下げ後
    高 圧 0.203円/kWh 0.188円/kWh
    特別高圧 0.200円/kWh 0.186円/kWh
  • ※基準燃料価格とは、料金設定の前提である原油・LNG・石炭の燃料価格の加重平均値で、燃料費調整における価格変動の基準値です。
  • ※基準単価とは、燃料費調整単価の算定に用いる基準値で、平均燃料価格が基準燃料価格に比べて1,000円/kl変動した場合の値です。
  • ※基準単価には、消費税等相当額を含みます。
【参考】基準燃料価格の算定諸元
<換算係数>
値下げ前 値下げ後
原 油(α) 0.2985 0.0332
LNG(β) 0.2884 0.3786
石 炭(γ) 0.4300 0.6231

※α、β、γは、原油換算率×燃料種別々熱量構成比で算出しております。

<貿易統計実績>
平均原油価格(A) 39,127円/kl
平均LNG価格(B) 46,002円/t
平均石炭価格(C) 10,851円/t

※平成29年2月~平成29年4月における貿易統計実績です。

<平均燃料価格>

平均燃料価格は、原油・LNG・石炭の貿易統計価格(貿易統計にて公表される円建ての輸入価格)をもとに算定される燃料価格をいいます。原油・LNG・石炭は、熱量や数量単位が異なるため、LNG・石炭を原油と同じ熱量・数量単位に換算し、平均燃料価格を算定いたします。

[算定方法]

平均燃料価格=A×α+B×β+C×γ(100円未満四捨五入)

  • A:各平均燃料価格算定期間における1kl当たりの平均原油価格
  • B:各平均燃料価格算定期間における1t当たりの平均LNG価格
  • C:各平均燃料価格算定期間における1t当たりの平均石炭価格

  • 電気料金の値下げに関するお問い合わせ
    • 特別高圧・高圧分野の
      お客さま向け

      (通話料無料)0120-914-537

      • ※お電話がつながりにくい場合がございますので、あらかじめご了承ください。
      • ※一部のIP電話からは、ご利用いただけない場合がございます。
      • ※お問い合わせの際には、番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願いいたします。
    • ご家庭や商店等の低圧分野の
      お客さま向け

      (通話料無料)0800-123-0303

      • ※お電話がつながりにくい場合がございますので、あらかじめご了承ください。
      • ※一部のIP電話からは、ご利用いただけない場合がございます。
      • ※お問い合わせの際には、番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願いいたします。
TOPへ