知っておきたい「電気の知識」

ご家庭の電気の仕組みと家電機器について

どこからが、ご家庭の電気設備?

電柱から各ご家庭の建物などに取り付けられた引込線までは、関西電力の設備です(メーター、タイムスイッチを除く)。
引込線と建物側との接続部分である「引込取付点」がお客さまと関西電力との財産および責任の分岐点となります。

ご家庭の電気設備あれこれ(ブレーカー、アース、専用配線)

ブレーカー
漏電を自動的に遮断するメインブレーカーや、ショートしたときなどに自動的に電気を遮断する回路ブレーカー。
我が家の安全を守ります。ブレーカーは、一般的に玄関まわりの壁の分電盤に設置されています。
(回路ブレーカーだけの場合もあります。)

ご家庭の電気設備あれこれ(ブレーカー、アース、専用配線)

アース
万一漏電した場合にも人体に電気が流れるのを防ぎます。

専用配線
エアコンや電子レンジなどは電気容量が大きいため、あらかじめ専用の回路、専用のコンセントにしておきましょう。

家電機器の選び方

  • ●一般的に新しく発売された機器の方が省エネ型になっています。価格だけでなく、電気代も考慮して上手に選びましょう。
  • ●便利でおトクな省エネ情報満載の「はぴeライフnavi」をご覧ください。

エアコン
エアコンは、冷蔵庫とならんで電気をたくさん使います。
エネルギー消費効率(COP)の高いものを選び、省エネに努めましょう。

冷蔵庫
ご家族の人数にあった容量を選ぶのがベスト。
消費電力量の低いものを選ぶだけで、ずいぶんとおトクです。

照明器具
蛍光灯は電球に比べると寿命が長く、約30%も省エネ。
特にインバーター式蛍光灯がおすすめです。

電気器具と周波数の話

地域によって違う周波数

  • ●家庭用の電気は交流といい、電気の流れる方向が1秒間に何十回も変化します。この流れの変わる回数を周波数ヘルツ(Hz)と表します。
  • ●日本では、静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりを境にして、東側は50Hz、西側は60Hzの電気が送られています。

お引っ越しの際には、電気器具の周波数のご確認を

電気器具には、「50Hz」「60Hz」「50/60Hz」という表示がなされています。
「50/60Hz」と表示されているものは全国どこでもご使用いただけますが、周波数が変わると使えなかったり、使えても故障したりする電気機器がありますので、ご注意ください。
(詳しくは、メーカーおよび電気店にご相談ください)

  • はぴeみる電を使って、電気料金をwebでチェックしよう!