電気温水器を初めてご使用になる際は、下記の手順を動画でご確認いただけます。
「各部のなまえ」と合わせてご確認ください。

※メーカーや機種によって仕様が異なります。作業される際には、必ず取扱説明書をご確認ください。

各部のなまえ

使用開始の手順

お湯の蛇口(赤色)を開けて一定時間お湯(水)が出る場合は、 STEP3.電源を入れるに進んでください。

※熱いお湯が出る場合がありますので、十分ご注意ください。

まずはご確認ください

・漏電遮断機が「切」になっていることを確認し、「入」になっている場合は、
電源レバーを下げ、「切」にする。

・蛇口の水側を開き、連続的に水が流れる状態で、水の汚れがないことを確認する。

・排水栓が閉まっていることを確認する。

給湯機専用止水栓を開ける

※タンクへ給水できる状態にします。

逃し弁レバーを手前に起こす

※空気の出入り口を作ります。

水が出ることを確認する

排水口または排水配管から水が出ることを確認する。

※連続的に水が出始めたら満水です(30~40分かかる場合もあります)。

逃し弁レバーを下げる

※排水口または排水管から出ている水(お湯)が止まります。

給湯配管の空気を抜くため、蛇口(湯水混合栓)のお湯側を開く(1ヶ所)

空気が抜け、蛇口から水が出たら蛇口を閉じてください。

電源を入れる

(1)屋内の分電盤の200V電源ブレーカーを「入」にする。

(2)屋外の給湯器本体の漏電遮断機の電源レバーを上げ、「入」にする。

リモコンでわき上げ温度を設定する

リモコンで以下の設定、確認を行ってください。

(1)時刻を合わせる

(2)電力契約モードを確認する※時間帯別電灯でご契約のお客さまのみ

(3)タンクのわき上げ温度を設定する

(4)すぐにお湯が必要な場合は、満タンスイッチを押す

※時間帯別電灯でご契約のお客さまのみ

夜間時間帯にお湯をわき上げます

わき上げ中は、リモコンに「わき上げ中」が表示されます。

または、本体操作部の「わき上げ中ランプ」が点灯します。

お湯を使う

お湯は翌朝から使用できます。

やけど防止のため、湯水混合栓の温度調節つまみを「低」側にしてから給湯つまみを開き、適温に調整してお湯を使用します。

※朝の使いはじめは、空気の混ざった熱湯が飛び散る場合があります。

TOPへ