よくあるご質問・
お問い合わせについて

低圧電力、従量電灯Bの契約電力・契約容量を下げる方法はありますか。

現在の契約電力・契約容量より、小さい契約主開閉器を設置していただくことで、契約電力・契約容量を下げることができます。

低圧電力、従量電灯Bの契約電力・契約容量の決定方法には『契約負荷設備による方法』と『契約主開閉器ブレーカーによる方法』があります。

『契約負荷設備による方法』とは

お客さまがご使用になる契約負荷設備の容量をもとに契約電力・契約容量を算定する方法

『契約主開閉器による方法』とは

あらかじめ設定していただいた契約主開閉器の容量をもとに、契約電力・契約容量を算定する方法

複数の負荷設備を同時にご使用されないなど、稼働率が低く、契約主開閉器で電気が遮断された場合でも大きな影響を受けないお客さまは、現在の契約電力・契約容量より、小さい契約主開閉器を設置していただくことで、契約電力・契約容量を下げることができます。

※『契約主開閉器による方法』をご希望される場合、契約主開閉器の設置にあたり、電気工事が伴いますので電気工事会社さまを通じてお申込みいただきますようお願いいたします。

【参考ページ:主な電気料金メニュー(低圧電力)】
https://kepco.jp/ryokin/menu/teiatsu