ガス設備の取り替え

古いガス設備や機器、心配だなあ

古くなったガス管は交換。安全のルール13

土の中に埋められている白ガス管(亜鉛メッキ鋼管)は、交換しましょう。

ポイント

  • お取り替えをご検討いただきたいのは、お客さまの所有物となる敷地内のガス管です。お取り替えは有償で行わせて頂きます。
  • ●現在ガス管の材料として使用されているポリエチレン管や被覆鋼管は、腐食や地震に強く、地震対策としても有効です。
  • ●場所に合わせた、最適なご提案させて頂きますので、ガス事業者までお問い合わせください
〈白ガス管とは?〉

鋼管表面に亜鉛メッキを施したガス管をいいます。白ガス管は、強度・耐食性・施工性等を兼ね備えたガス管の材料として昭和20年代から一般的に使用されてきました。
長年土の中に埋められた白ガス管は、土の性質や水分などの影響により徐々に腐食が進行し、ガスもれが発生する場合があります。

※土質や環境により腐食の度合いが異なります。

※ガスメーターは計量法に基づき、検定満期となる前にガス導管事業者 がお取り替えいたします。(10年または7年)

※改装や敷地内を掘る工事をされるときはガス導管事業者 へご連絡ください。安全に工事して頂くために、アドバイスさせていただきます。

古いタイプのガス栓もお取り替えをおすすめします。

現在新しく取り付ける場合に使用されているヒューズガス栓は、万一ゴム管がはずれたりした場 合、自動的にガスを止める機能がついています。

TOPへ