住宅の省エネ方法

住宅の省エネ方法

  • 窓の断熱性能を高める

    窓を通して、冬は室内から室外へ熱が逃げ、夏は室外から室内へ熱が入ってきます。
    外壁と比較して窓の断熱性能は5~10倍劣るため、断熱対策は重要な省エネポイントです。
    窓の断熱性能は、ガラスとサッシの組み合わせにより決まります。
    効果を上げるためには、サッシを木やプラスチック製にした上で、複層ガラスを入れることが望まれますが、少なくともガラスを複層ガラスとすることが必要です。また、窓の断熱性は、既存の窓の内側に新しく内装を設置して二重窓にしても、複層ガラス窓と同程度の断熱性能が確保できます。
    さらにこの場合は、防音性能も向上します。
    二重窓は窓が共用部分とみなされているマンション等のリフォームでも手軽にできる方法として有効です。

    <複層ガラス構造図※1
    複層ガラス構造図
    <二重サッシ構造図※2
    二重サッシ構造図
    <窓の夏の日射遮蔽・冬の断熱※3
    窓の夏の日射遮蔽・冬の断熱
    • ※1 出所:省エネルギーセンター「かしこいリフォームガイド実例編」より作成
    • ※2 出所:(株)LIXIL資料より作成
    • ※3 出所:日本建材・住宅設備産業協会データより作成 地域区分Ⅳ地域 平成4年(新省エネルギー)基準の場合

手軽にできる住宅の省エネ対策

夏の場合

できる限り日射をさえぎることで省エネ効果が高まります。
例えばブラインドなどを設置する場合、窓の外側に取り付けるほうが内側に取り付けるより、3倍近い効果があります。

冬の場合

夏とは逆にできる限り日射をとり入れることで、省エネ効果が高まります。

<窓の日射遮蔽※4
窓の日射遮蔽

  • ※4 出所:省エネルギーセンター「Lo-HOUSE」より作成

その他の省エネリフォーム

省エネリフォームは、現場での制約が多く、施工しにくい点はあります。しかし、よりよい断熱材や新技術の開発で、以前より手軽に行えるようになっています。

<戸建て住宅の省エネルギーリフォーム※5
戸建て住宅の省エネルギーリフォーム

  • ※5 出所:東京都都市整備局「住宅の省エネリフォームガイド」より作成
    (注)屋根の日射遮蔽:冬季は日射取得が減少しますが、夏季対策を重視したい場合の方法の一つです。

太陽光発電の利用について

太陽の光エネルギーを利用して電気をつくる太陽光発電は、発電した電気を家庭内で利用できることから、省エネにつながるとともに、余った電気は電力会社に売ることも可能です。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

TOPへ