再生可能エネルギーの買取制度についてご説明します

平成27年1月22日に省令・告示の改正がなされ、「接続枠の空押さえ」や
「調達価格の先押さえ」が実質的に行えなくなりましたので、
今後は、確たる事業実施意思の下、受給開始に向けての手続きが円滑に進められる
状況かどうかを、充分ご確認の上、お申込みいただきますよう、お願いいたします。

<【重要】再エネ特措法改正に伴う取得済みの設備認定について>

【平成28年5月25日】
再生可能エネルギー固定価格買取制度の根拠となる「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の改正法(平成29年4月1日施行予定)が国会において成立したことに伴い、改正法施行日前日(平成29年3月31日)までに接続契約を締結していない場合、取得済みの設備認定が失効する可能性があります。改正法施行日前日までに弊社との接続契約を希望される場合は、平成28年6月30日(木)までに申込書類一式を弊社までご提出ください。
詳細についてはこちら[PDF 144KB]pdf をご覧ください。

【平成28年6月30日更新】
<接続の同意(接続契約の締結)を示す書類について>

接続契約を締結した際には、弊社より接続契約の締結を示す書類等をお送りしております。
お申込み済の案件について、接続契約が締結済みかどうか確認するためには、お手元にこちらの書類[PDF 353KB]pdf があるかどうかご確認ください。

<平成28年7月1日以降のお申込みについて>
平成28年7月1日以降にお申込みいただく場合、申込書類が整っているものから順次技術検討を進めますが、改正法施行日前日までの接続契約の締結は保障できませんので、予めご了承ください。なお、技術検討の結果、年度内に接続契約が可能である場合は、年度内に接続契約を締結させていただきます。
また、設備認定日が平成28年7月1日以降の場合、改正法において設備認定日翌日から9ヶ月以内に接続契約を締結すれば改正法における設備認定を取得したものとみなされることとなっているため、設備認定日が平成28年7月1日以降である場合は、設備認定取得後早期にお申込み※ をお願いします。

※ 高圧・特別高圧で連系される場合は、設備認定取得前に接続検討申込み(同時申込含む)が可能です。
その場合、設備認定通知書は、接続契約申込(同時申込の場合は意思表明書提出)の際にあわせてご提出ください。

<太陽光発電設備におけるPCS力率一定制御のお願い(高圧連系)>

高圧で太陽光発電をされるお客さまには、系統電圧の安定化へ向け、PCSでの力率一定制御(力率値90%)の採用をお願いしております。
詳細についてはこちら[PDF 329KB]pdf をご覧ください。

<インターネット申込みに関するお知らせ>

平成27年6月末より、低圧で系統連系する全ての発電設備が、インターネット低圧工事申込み(シンセツくん)から申込みができるようになりました。
シンセツくんについてはこちらをご確認ください。
※誠に勝手ながら、平成27年11月30日(月)をもちましてお客さま窓口における受付を終了いたしましたので、低圧で系統連系するお申込みにつきましては、必ずインターネット低圧工事申込み(シンセツくん)にてお申込みください。
なお、お客さま窓口における受付終了に伴い、低圧で系統連系する場合の申込書類につきましては、平成27年12月11日(金)をもって当社ホームページへの掲載を終了させていただきました。

<再エネ発電設備等にかかる連系制約について>

系統連系の制約にかかるエリアのお知らせにつきましては、こちらをご確認ください。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関する国へのお問い合わせ窓口
インターネット低圧工事申込みシンセツくん 太陽光発電のお申し込みができるようになりました

こちらもぜひご覧ください

そもそも再生可能エネルギーって?
関西地域にはどんな再生可能エネルギーの発電設備があるの?