従量電灯Aについてご説明します

【電気料金メニュー等の見直しについて】

 平成28年4月からの電力の小売全面自由化に向け、新たな電気料金メニューの検討を進めております。これに伴い、一部の電気料金メニュー(選択約款)等について、平成28年4月1日以降、新規加入を停止いたします。

ご家庭等で最も多くご契約いただいているメニューです。
ご使用量によって電力量料金単価が異なる3段階料金制度となっています。なお、基本料金はございませんが、15kWhまでは一律の最低料金がございます。

対象となるお客さま

電灯または小型機器をご使用になるお客さまで、最大需要容量が6kVA未満のお客さま

※最大需要容量とは、同時に使用する電気の最大容量(kVA)です。

<料金イメージ>

<料金イメージ>

ご家庭用として使用されるお客さまは、従量電灯Aと従量電灯Bのどちらかをご選択いただける場合があります。
年間における、ひと月の平均ご使用量が800kWhをこえる場合は、従量電灯Aより従量電灯Bがお安くなることがあります。

料金単価

(円,税込)

  単位 料金単価
最低料金(最初の15kWhまで) 1契約 373.73
電力量料金 15kWh超過120kWhまで 第1段階 1kWh 22.83
120kWh超過300kWhまで 第2段階 29.26
300kWh超過分 第3段階 33.32

電気料金計算例

  • ・1か月の使用電力量・・・300kWh
  • ・口座振替割引契約を適用
最低料金 373.73円=15[kWh]まで
電力量料金 15kWh超過
120kWhまで
2,397.15円=22.83円×105[kWh]
120kWh超過
300kWhまで
5,266.80円=29.26円×180[kWh]
300kWh超過分 0.00円=33.32円×0[kWh]
燃料費調整額 当該月分の単価に基づき算定いたします。
燃料費調整単価はこちら
[算定式]燃料費調整単価(最初の15kWhまで)+燃料費調整単価
(15kWhをこえる1kWhにつき)×(300-15)[kWh]
口座振替割引額 54.00円 (口座振替割引契約適用の場合
再生可能エネルギー発電促進賦課金 当該年度分の単価に基づき算定いたします。
再生可能エネルギー発電促進賦課金単価はこちら
[算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(最初の15kWhまで)+再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)×(300-15)[kWh] (円位未満切捨て)
請求金額   7,983円 = ①+②+③+④±⑤-⑥+⑦(円位未満切捨て)
  • ※上記の請求金額例には、消費税等相当額を含みます。
  • ※上記の請求金額例には、毎月単価が変動する燃料費調整額および毎年単価が変更となる再生可能エネルギー発電促進賦課金を含めておりません。
  • 実際に請求させていただく金額には、当該月に応じた燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算して請求させていただきます。
  • ※電気のご使用を廃止または開始される場合は、上記によらず日割計算をいたします。

電気料金のお支払いにあたりましては、次の事項にご留意下さい。

「お支払期限日」(検針日の翌日から30日目)を経過してお支払いいただいた場合は、その経過日数に応じて、年利10%(1日あたり約0.03%)の延滞利息を、原則として、お支払いされた直後に支払義務が発生する料金とあわせてご請求させていただきます。
ただし、「お支払期限日」の翌日から10日以内にお支払いいただいた場合は、延滞利息をご請求いたしません。

はぴe暮らしサポート

お問い合わせ・お申し込み

この電気料金メニューについてのお問い合わせ・お申し込みは、お近くの関西電力営業所までご連絡ください。
各営業所の連絡先・営業時間は「お近くの関西電力の営業所」にてご案内しています。