電気事故防止のお願い

3. 試験掘りにて位置の確認を行って下さい。

図面上での調査のみの施工は事故のもとです。試験堀りにより、地中埋設電線路の正確な位置を確認してください。

また、位置確認後は、記録するとともに、路面への表示も合わせてお願いします。

試験掘りは手堀りでお願いします。

地中埋設電線路上部には、埋設位置の表示を目的として埋設表示テープが敷設されています。

昭和45年以前に建設された設備には敷設されていないものもありますのでご注意下さい。

確認、表示そして記録。