エアコンや冷蔵ショーケースなどを常に使用するので電気料金が安くなったのが嬉しいです。

首都圏でも関西電力に電気の切り替えが可能
おトクな料金プランで電気料金を約6%も削減

切り替えのきっかけ

店主

「地下1階にある店舗は特に夏場高温になるためエアコンが欠かせません。また常時数十種類の日本酒を入れている冷蔵ショーケースもあり、電気代が負担になっていることが悩みでした。」と代表取締役の稲村亮太さまは打ち明ける。関西電力との取引は初めてながら、切り替えに迷いはなかったという稲村さま。「関西電力に電気料金を試算してもらい、従来より安くなると提案を受けたのが決め手でした。手続きも簡単で、丁寧かつ親身に説明・サポートしてくださったので、安心して切り替えることができました。」と語る。

切り替えのメリット

切り替えのメリット図

関西電力に切り替えて約1年、年間で電気料金約6%削減を実現した。店舗・事務所や小規模工場のお客さま向けのお得な料金プラン「はぴeプラス」「動力おとくプラス」を提案できるのが関西電力の強み。「特に暑かった今年の夏は、エアコンや冷蔵ショーケースなどに使用する電気料金の削減メリットを肌で感じました。さらに、インターネットで「はぴeみる電」にアクセスすれば、電気料金や使用量がひと目で確認できるので助かっています。」と稲村さま。「今後、2号店である『日本酒バル 萬亮』も関西電力への切り替えを検討したいと思っています。」と期待を寄せた。

《比較条件》

  • ※使用実績に基づき電灯は契約電力7kVA・年間使用量15,685kWh、動力は契約電力3kW・年間使用量2,745kWhから算出、消費税相当額を含む。
  • ※燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金を含まない。
  • ※関西電力の料金は2019年10月1日実施の「はぴeプラス(東京エリア)料金表」「動力おとくプラス(東京エリア)料金表」に基づき算定。
  • ※東京電力エナジーパートナーの料金は特定小売供給約款(2019年10月1日実施)の「従量電灯C」および「低圧電力」に基づき算定。力率割引を含む。
  • ※実際のメリット額は電気のご使用状況等により変動します。

日本酒専門店 萬亮さま

住所 東京都港区芝大門1-11-9
ライオンズマンション芝公園 B1F
営業時間 平日17:00~23:00(L.O.21:30)
土曜17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 日曜、祝日、GW、お盆、年末年始
席数 35席
予算 6,000円~

日本酒専門店 萬亮 画像

掲載の情報は2020年2月現在のものです。

導入事例トップへ戻る