関西電力への切り替えが節電のきっかけに。予想以上に電気料金の削減に成功しました。

関東エリアでも関西電力に切り替え可能
おトクな料金プランで電気料金を約5%削減

切り替えのきっかけ

店主

「1952(昭和27)年に開業以来、文房具や事務用品、ギフト商品を販売してきました。近年、店舗をより省エネにしたいと考えていた時、関西電力から切り替えを提案されました。」と語る取締役の安藤豊さま。主要取引先の本社が大阪府にあるなど、以前から関西地域に縁があり、関西電力についてもよく知っていたという。「切り替えを決めた理由は、何より関西電力に対する信頼感。」だと打ち明ける。「先進的な企業姿勢を頼もしく感じていたこともあり、関西電力なら安心して任せられると思いました。」

切り替えのメリット

切り替えのメリット図

関西電力の「はぴeプラス」「動力おとくプラス」に切り替えた結果、年間で電気料金を約5%削減した。「予想以上に削減でき、大変満足しています。」と安藤さま。切り替えをきっかけに電力使用に対する心構えが変わったことも嬉しい変化だと明かす。「照明をLED電球に替えたり、エアコンなどの使用量も意識的に確認するようになりました。請求書も見やすく、商売を営む私たちのことを考えてくれていると感じています。」と評価する。「今後もいっそう省エネに努めていきたいと思っています。その上で関西電力は大きな助けになりそうです。」と信頼を寄せた。

《比較条件》

  • ※使用実績に基づき電灯は契約電力3kVA・年間使用量5,987kWh、動力は契約電力3kW・年間使用量1,494kWhから算出、消費税相当額を含む。
  • ※燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金を含まない。
  • ※関西電力の料金は2019年10月1日実施の「はぴeプラス(東京エリア)料金表」「動力おとくプラス(東京エリア)料金表」に基づき算定。
  • ※東京電力エナジーパートナーの料金は特定小売供給約款(2019年10月1日実施)の 「従量電灯C」および「低圧電力」に基づき算定。力率割引を含む。
  • ※実際のメリット額は電気のご使用状況等により変動します。

株式会社アンドウさま

住所 東京都新宿区大久保2-1-1
営業時間 9:30~19:30
定休日 日曜、祝日
取扱い商材 KOKUYO、PILOT、Shachihataなどの文房具、事務用品、ギフト商品

株式会社アンドウ 画像

掲載の情報は2020年9月現在のものです。

導入事例トップへ戻る