電気を安全にご利用いただくために

プラグにまつわる注意事項

  • ●壊れたプラグやケーブルタップを、そのまま使っていませんか?
    グラグラしている、曲がっている、壊れている……こんなプラグは感電、ショート、過熱の原因となります。すぐ取り替えましょう。
  • ●プラグを中途半端に差し込んでいると、熱を持ち危険です。コンセントにしっかり差し込んで使いましょう。
  • ●コンセントからプラグを抜く時は、コードを引っ張ると、プラグを傷め、ショートの原因にもなります。プラグの根元を持って抜くように心がけましょう。
  • ●冷蔵庫やテレビ、洗濯機などを長期間使用していると、コンセントとプラグの間に チリやホコリがたまり、湿気が加わると火災の原因になることがあります。 プラグはときどき乾燥した布などで掃除しましょう。

コードにまつわる注意事項

家具などの下に敷いている、扉にはさんでいる、曲げる、ねじる、束ねるなどの無理な使い方は、漏電、発熱の原因となります。コードは丁寧に取扱いましょう。

タコ足配線はやめましょう

テーブルタップから同時に何台もの電気器具を使うタコ足配線。このタコ足配線は、テーブルタップの安全限度を超えて電気を使ってしまいがちになり、コードが過熱して火災の原因になることがあり危険です。電気器具が増えたら、ワイドコンセントなどコンセント回路の増設をおすすめします。

タコ足配線はやめましょう

電気に水は禁物

電気に水は禁物です。体が水にぬれると電気が通りやすくなります。手や足が濡れたままで、電気器具やコンセントには触れないで下さい。とくに洗濯機など水を使う場所の電気器具は、必ずアースをつけましょう。

しろうと工事は事故のもと

  • ●電気器具の故障は、自分で簡単に修理できないものがあります。まず、お買い求めになった電器店へ修理を依頼しましょう。器具についている取扱説明書に、故障した時の連絡先などが記載されています。
  • ●コンセントを増やす、エアコンなどを新しく設置される際に必要となる専用回路の取付工事、新たにアースの取り付けを必要とする場合の工事などを行うには、一定の資格が必要です。お近くの電気工事店、またはでんき工事ホームセンターへご相談ください。(出張費・工事費についても、電気工事店やでんき工事ホームセンターにお問合せください)

しろうと工事は事故のもと

安全性の高い電気器具を選ぶポイントは

電気器具の安全性を規制する「電気用品安全法」を守って製造、輸入した器具には、PSEマーク マークがついています。マークのつかない器具のうち、国以外の第三者認証機関(JET:(財)電気安全環境研究所など)が、信頼性や安全性を確認した場合につけられるのがSマークマークです。安全の目安として、ぜひご確認ください。

熱器具の使用後はコンセントを抜きましょう

火災などの事故を防ぐため、こたつ、アイロン、ドライヤーなどの熱器具の使用後は必ずコンセントからプラグを抜きましょう。

ご家庭には4年に1回、電気の安全調査にお伺いしています

関西電力では、法律にもとづき4年に1度、ご家庭の電気の設備点検を実施しています。

  • ●調査は、国が指定した調査機関に委託しています。(一部の地域では関西電力の調査員が伺います)
  • ●調査料は無料です。
  • ●調査員は、身分の証明できるものを携帯し、写真入り名札・腕章をつけています。
  • ●点検調査結果は、お客さまにお知らせします。電気設備に不具合がある場合は、お近くの電気工事店、またはでんき工事ホームセンターへ修理をご依頼ください。

*ニセ社員・不審電話にご注意*

関西電力、関係会社社員の名をかたった詐欺、窃盗事件や、お客さまの個人情報を聞き出そうとする不審な電話や訪問が発生しています。
ご注意くださいますようお願いいたします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • はぴeみる電を使って、電気料金をwebでチェックしよう!