実験概要

エアコンにより実験室の温度を15℃(年間を通して平均的な値)に安定させた後、便座保温を起動し、安定後の消費電力を測定。同時にサーモカメラで撮影。

【試験内容】

  • 最新省エネタイプの省エネ性能を調査
  • 便座のフタを「開」→「閉」にした場合の省エネ効果を調査
  • 簡易な便座グッズの省エネ効果を調査
  • 便座は「新型の省エネタイプ(2012年製)」,「旧タイプ(2005年製)」を使用し、便座保温時の消費電力量により省エネ性の比較
【試験日】
2013年2月
【試験場】
巽実験センター
【試験条件】
  • 室温:15~16℃
  • 試験時の便座温度設定:「中」