このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

  1. HOME
  2. ご家庭の省エネ方法
  3. 「もしもの時には」電気給湯機における非常時の対応
  4. 配管凍結時の対応(凍結予防方法)

「もしもの時には」電気給湯機における非常時の対応

配管凍結時の対応 (凍結予防方法)

冬場の寒さが厳しくなると、水道管や給湯管の凍結が原因でお湯が出なくなる場合があります。
凍結を予防するには、以下の方法が効果的です。

  • 露出している配管に保温材や布・毛布などを巻いておく。
  • 蛇口のお湯側を、水滴が落ちる程度開けておく。
    ※開けすぎますと、翌日の湯切れの原因になりますのでご注意ください。
  • 風が強く吹き付ける場所なら、囲いや風よけをつけておく。

万が一凍結してお湯が出なくなった場合は、気温の上昇によって自然に解凍されるまでお待ちいただくことをおすすめします。

※蛇口を開けたままにしておくと、突然お湯が出ることがありますのでご注意ください。

メーカーお問い合わせ一覧

「もしもの時には」電気給湯機における非常時の対応 トップページに戻る