このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

  1. HOME
  2. ご家庭の省エネ方法
  3. IHクッキングヒーターの省エネ方法
  4. 安全機能について

IHクッキングヒーターの上手な使い方

安全機能について

鍋がない時は自動で加熱が止まる「鍋なし自動OFF」機能や、空焼きになってしまった場合、 自動的に加熱を止める「空焼き自動OFF」機能など、火災の不安を大きく減らすことができます。 お使いのIHクッキングヒーターにどのような機能があるか確認しましょう。

切り忘れ防止機能
操作後一定時間を過ぎると自動的に通電をストップ。切り忘れのうっかりミスを防ぎます。
空焼き自動OFF機能
鍋が空焼きの状態になり、鍋底の温度が上がり過ぎると、センサーが検知して自動的に通電をストップします。
温度過昇防止機能
調理中に鍋底の温度が上がり過ぎるとセンサーが検知して、自動的に火力をコントロール。揚げ物でも適正温度をキープします。
鍋なし自動OFF機能
通電中に鍋を置かなかったり加熱部からはずしたりすると、しばらくして通電をストップします。
高温注意ランプ表示
電源スイッチを切った後も、トッププレートやグリルが高温状態の時は、点滅してお知らせします。
地震感知機能
一定の震度以上の揺れを感知すると自動的に通電をストップします。
チャイルドロック
ロック機能をオンにするとすべての操作が無効に。小さなお子様がいても安心です。

※各機能はメーカーや機種によって異なります。

IHクッキングヒーターの省エネに戻る