このサイトでは、レイアウト設定のため、スタイルシートとJavascriptを使用しております。ご覧のブラウザは、スタイルシートに未対応のため、本来のレイアウトとは異なって表示されます。あらかじめご了承ください。

  1. HOME
  2. たのしく、かしこく 暮らしの省エネみーつけた!

上手に体温コントロール

暑い夏を涼しく快適に過ごしてみませんか?
無理なく元気に夏を乗り切るための、ちょっとした工夫を紹介します。

ちょっとした工夫で、涼しく過ごそう

服装で涼しさアップ〈横浜国立大学教育人間科学部教授 薩本弥生さん 監修〉

  • 服装で涼しさアップ シャツから逃げる熱量の比較
  • ゆったりとしたデザインで
    襟元や袖口、裾などが広く開いた服を選び、
    服の中に風を通すのがポイント。

    そんな服なら、体温で温まった空気が
    自然と服の外へ流れ出て行きます。

    温かい空気は上に抜けていくので、
    特に首まわりを開けて
    熱をもった空気を逃がしましょう。

    また、上記のポイントを押さえた服を着て
    適度に体を動かすと、洋服がはためくことで、
    服と肌との間の空気が移動して、
    さらに涼しく感じられます。

ほてった体を冷やす〈藤沢市保健医療財団 医師 稲次潤子さん 監修〉

  • 冷たいものをタオルでくるむ 首の周りに充てて体を冷やす
  • 今すぐ体を冷やしたい!
    というときは、
    首の周りに冷たいモノを当てるのが、
    簡単かつ即効性のある方法。

    首にある太い血管を冷やすことで
    血液の温度が下がり、
    体温も下げることができます。

    また、外出先から帰って
    体が熱くなっているときは、
    エアコンをつける前に
    まずは冷たいシャワーを浴びるのが一番。
    体温が下がるのはもちろん、
    汗を流して肌を清潔に保つことで、
    爽快感が得られます。

リラックスしてクールダウン〈藤沢市保健医療財団 医師 稲次潤子さん 監修〉

  • やる気が起きない時 ローズマリー、ペパーミント 食欲がない時 レモン、オレンジ やる気が起きない時 ローズマリー、ペパーミント 食欲がない時 レモン、オレンジ
  • 暑さからくるカラダの不調は
    ストレスや疲労の原因に。

    くつろぎタイムの演出には、
    インテリアの素材や色を夏仕様に。
    また、アロマオイルの香りをかいで
    くつろぐのもお勧め。
    ペパーミントのアロマオイルなら、
    清涼感が得られます。
    左の表を参考に、気分や体調に合わせて
    香りを選ぶのがポイントです。

カンタンむくみ解消法のご紹介!〈藤沢市保健医療財団 医師 稲次潤子さん 監修〉

足がむくんで、だるい…そんなときは足首~ふくらはぎの筋肉をほぐせばスッキリします。
血液の流れが改善し、足が軽くなり、リラックスできます。

かかと上げ下げ

  • つまさきは床につけたまま、左右のかかとを交互にテンポよく上げ下げして、その場で足踏み。
  • かかと上げ下げ

脚マッサージ

  • 両手の手のひらで足首の後ろを包むようにして足首を持ち、軽く脚を締めながら膝まで引き上げる。
  • 脚マッサージ

まとめ 服装や香りのちょっとした工夫が涼しく快適に過ごせるポイント!

  • 風の向きやグッズ活用を上手く活用すれば、涼しさはアップ!
  • 今回の夏の特別回「上手に体温コントロール」では、 服装や香りにも涼しく感じられるポイントがあることをご紹介しました。
    夏服に首回りが開いてるものが多いのは、単に肌を覆う面積を小さくしているだけではなく、
    空気を逃がす役割を果たしているのですね。
    帰宅後の冷たいシャワーは、今日から早速試せそうです。
    上手く取り入れながら、暑い夏を乗り切りましょう!