よくあるご質問・
お問い合わせ

需要場所の特別措置とはどのようなものですか?

需要場所の特別措置とは、電気供給約款によって定められる、1構内または1建物において特例設備を新たに使用される場合で、電気供給約款附則2(需要場所についての特別措置)(1)イ(イ)からロ(ロ)のいずれの条件も満たす場合に、特例設備が設置された区域または部分を1需要場所とする特別措置です。(需要場所の特別措置は、以下の【1】【2】が設置された区域または部分それぞれ一箇所に限り適用できます。)

詳しくは、電気供給約款をご覧いただくか、お近くの担当営業所までお問い合わせください。

  • ※特例設備とは、次のものをいいます。

【1】急速充電器等

電気事業法施工規則附則第17号第1項第1号に定める電気自動車専用急速充電設備およびその使用に直接必要な電灯その他これに準ずるもの。

【2】認定発電設備等

電気事業法施工規則附則第17号第1項第2号に定める認定発電設備およびその使用に直接必要な電灯その他これに準ずるもの。

<需要場所の特別措置のイメージ>

通常:1建物=1需要場所

需要場所の特別措置のイメージ

需要場所の特別措置のイメージ