燃料費調整単価のお知らせ(平成30年7月分)

過去の燃料費調整単価(平成30年7月分)

 関西電力では、火力燃料費の増減を電気料金へ反映する「燃料費調整制度」を導入しております。
 この度、平成30年5月28日に行った電気特定小売供給約款等の変更届出に伴い、燃料費調整の前提諸元の見直しを行ったことから平成30年7月分の電気料金に適用される燃料費調整単価および、その算定の基礎となる平成30年2月から平成30年4月の平均燃料価格が以下のとおり変更となりましたので、お知らせいたします。
 なお、平成30年6月30日までのご使用分には平成29年8月1日実施の電気特定小売供給約款および電気供給条件(低圧)に基づく燃料費調整単価を、平成30年7月1日以降のご使用分には平成30年7月1日実施の電気特定小売供給約款および電気供給条件(低圧)に基づく燃料費調整単価をそれぞれ適用いたします。

[燃料費調整単価]

区分 基準単価※1 燃料費調整単価※2
平成30年7月分 平成30年
6月分
平成30年
7月1日
以降の
ご使用分
平成30年
6月30日
までの
ご使用分
平成30年
7月1日
以降の
ご使用分
平成30年
6月30日
までの
ご使用分
従量電灯A、
臨時電灯B、
公衆街路灯B、
なっトクでんき
の場合
最初の15kWhまで 2.430 2.932 0.97 9.38 8.50
15kWhを
こえる
1kWhにつき
0.162 0.195 0.06 0.62 0.57
低圧供給の場合
(従量電灯A
などを除く)
1kWhにつき 0.162 0.195 0.06 0.62 0.57
  • ※ 定額制のご契約についても、契約種別ごとに設定された基準単価に基づき算定した燃料費調整単価[PDF78.0KB]が適用されます。
  • ※1 平均燃料価格が1,000円/kl変動した場合の値です。
  • ※2 平成30年6月分、平成30年7月分(6月30日までのご使用分)および平成30年7月分(7月1日以降のご使用分)の燃料調整単価は平均燃料価格が基準燃料価格を上回るためプラス調整となります。
    なお、基準燃料価格については、平成30年6月分および平成30年7月分(6月30日までのご使用分)には25,500円/klを、平成30年7月分(7月1日以降のご使用分)には27,100円/klを適用します。

[平均燃料価格(貿易統計実績)]

  平成30年7月分 平成30年6月分
平成30年7月1日
以降のご使用分
平成30年6月30日
までのご使用分
平均原油価格 45,254円/kl 45,737円/kl
平均LNG価格 52,062円/t 51,334円/t
平均石炭価格 12,034円/t 11,935円/t
平均燃料価格 27,500円/kl※4 28,700円/kl※5 28,400円/kl※5
  • ※4 基準燃料価格:27,100円/kl  ※5 基準燃料価格:25,500円/kl

「燃料費調整制度について」へ戻る

TOPへ

関西電力公式SNS

  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram