はぴeポイント みんなでわっしょい!
プログラム
東京湾 江戸前お魚、貝 増やそうプロジェクト
募集期間
平成28年11月28日
~ 平成29年2月28日
江戸前の生きものを増やし育てていく活動『江戸前お魚、貝 増やそうプロジェクト』。
多くの種類のお魚や貝が快適に住め、たくさんの稚魚が生まれる環境作り活動&お魚や貝を育てていく活動です。
この活動は、東京湾大感謝祭の海の恵みを広くみんなに知ってもらう活動のひとつです。
現在の応援ポイント合計
5,938 ポイント
1%
目標ポイント数
500,000 ポイント
応援者
57人
残り
終了
はぴeポイント未加入のお客さまは、下記からご加入ください。
※関西電力との電気契約が必要となります。
プロジェクト詳細

■東京湾大感謝祭について

東京湾大感謝祭は、毎年、年に1度、横浜の赤レンガ倉庫で開催しており、”海辺の生物がたくさん住める環境にしたい”、”東京湾の海辺に行き「親しみやすく、美しい海」と感じられるようにしたい”という想いから開始したイベントです。
また、日本の海辺や海岸、港がどのようになっているのかなど、興味を持って頂くきっかけ作りでもあります。

みなさまにとって海は、身近な存在であることをご存知でしょうか?
例えば、魚介類の加工食品を食べることや、家庭から出る排水は海に流れていること、などが挙げられます。
しかし、海が身近な存在であるにも関わらず、海辺を訪れる頻度は「年に1回」という方が大半です。
もっと海との関わりを増やし意識を持って頂くには、身近なところから理解し、親しみや楽しみを感じて頂きたいと考えております。そして、お魚や貝などを増やすことができる環境づくりをみなさまと実現していきたいです。

※写真は今年の東京湾大感謝祭ステージデザイン&親子でのハゼ釣り教室

■海辺・海の課題、大切な海辺の存在について

<海辺の生き物の環境悪化が続く>
近年、干潟が現象することにより、生き物が生きていくエリアが狭くなり、埋め立てなどにより海辺の港や施設、コンテナや船が泊まるエリアなど、様々な機能の強化により、住みにくい海辺になってしまいます。また、海岸もやせ細ることで、”消失する”という自然の力が働きます。さらに、海岸の砂浜の減少などにより、渡り鳥であるコアジサシの営巣地も著しく減少しています。

<東京湾の数少ない干潟写真>

東京湾の干潟(三番瀬)

葛西海浜公園 東渚(許可を得て立ちり)

<海の質・環境悪化・海洋汚染>
海の環境汚染の原因として、海のゴミやプラスチックごみ、マイクロプラスチックごみやマイクロビーズ、川からの生活排水、大量ゴミ、海へ投棄される廃棄物や油水や汚水などが挙げられます。
これらにより、赤潮や青潮が発生し、生き物が大量死してしまいます。

■海辺の環境を良くしたい

海の課題を解決し、環境を良くするにも、循環した森から川、街、都市、そして海へと常に循環作用が働いていることへの理解が大切です。
魚や動物、人間までの食物連鎖があり、常につながっているといえます。ですので、海の環境を良くすることは生き物が増えるということなのです。
干潟だけでなく、同時に海草藻場や浅場も増やさない限り、いくら水がきれいになっても産卵に適した環境とはいえず、生き物が増加しなくなってしまいます。

<東京湾を増やす活動~夢ワカメ・ワークショップ~>
東京湾大感謝祭の活動の1つに、夢ワカメ・ワークショップというものがあります。 この活動は、東京湾・横浜港で市民や地元の方々から参加者を募り、体験学習をして、最後はワカメを食べられる内容となっております。この活動により、CO2の固定・回収と富栄養化の原因となる窒素やリンの回収ができ、海域を浄化することで、生き物を増やすことができるのです。
海水の浄化方法はさまざまなものがありますが、ユニークな手法として、海藻類の利用があります。海藻類は、生長に伴って海水中の窒素やリンを吸収し、海水の富栄養化の防止に効果があると知られています。特にワカメは生長が早いため、それだけ海水の浄化効果が高いと言われています。

<ワカメ生育ロープ設置(11月26日実施)>
設置前日に、実験実施場所に仕掛けを下ろした後、ワカメを親縄ごと垂下させます。親縄に結束した張り縄を岸壁から垂下させ、それぞれの張り縄の長さを調整して展開します。桟橋からの張り縄を延ばしつつ、岸壁からの張り縄をたぐり寄せ、親縄を岸壁下に引き揚げて、育成筏の保守を行い、海藻の生育状態を観察します。
1月の点検予定では、一部サンプルを回収し、細菌類、放射能の検査を実施し親縄をはじめとする全施設を岸壁上に引き揚げます。個別にワカメの重量を計測し、全員の合計重量から、窒素およびリンの回収量を計算し、海をどれくらいきれいにしたかを全員で確認する予定です。

◆平成27年の実績 ワカメによる(横浜港)の浄化活動実績
  ワカメの重さ(kg)
  合計 801.3
乾燥重量 (合計*0.072) 57.694
総炭素量 (乾燥重量×254÷1000) 14.7
総窒素量 (乾燥重量×31.8÷1000) 1.84
総リン量 (乾燥重量×9.6÷1000) 0.55

☆平成28年-平成29年 活動時期および日程(予定)☆

・平成28年11月26日(設置)
・平成28年12月25日(観察・点検)
・平成29年 1月 8日(観察・点検)
・平成29年 1月28日(観察・回収・施設撤去)
・平成29年 2月 5日(料理教室夢ワカメを使った親子料理教室)

■ご支援の使途

海辺・海・湾に親しむ & 海の恵みを意識する東京湾大感謝祭の継続活動のための一部に使わせていただきます。

●東京湾大感謝祭への費用充当
・主に市民・NPO組織団体活動の場としての企画運営会場費の充填費用などの一連の活動費・作業費(夢ワカメ・ワークショップもこの一部になります)
・ボランティアのための人件費など
上述の課題解決のために、特に海辺の環境を良くし、生きものを増やしていく活動に、皆様の継続的なご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

プロジェクト
オーナー

東京湾大感謝祭実行委員会
東京都

東京湾大感謝祭実行委員会事務局
〒113-0033
東京都文京区本郷3-6-9 エルデ本郷館5階
(株式会社スリービー内)
TEL. 03-5805-1059
FAX. 03-5805-1058
E-mail. tbsaisei@threeb.co.jp

応援して頂いた方
への特典

メールでの報告書の進呈

はぴeポイント未加入のお客さまは、下記からご加入ください。
※関西電力との電気契約が必要となります。