電気料金算定の考え方

電気料金の決定プロセス

電気料金算定の考え方

電気料金の三原則

電気料金の算定にあたっては、「電気料金の三原則」に基づき決定しています。

電気料金の三原則

原価主義とは

電気料金は、電気を安定的に供給(発電、送電、配電、販売)するために必要な費用(総原価)と電気料金収入が等しくなるように設定しております。

「原価主義」の考え方

電気料金算定のプロセス

①総原価の算定

電気の供給計画、工事計画などに基づき、総原価を算定いたします。

1総原価の算定

②総原価の配分

  • お客さまがお使いになる電圧(特別高圧・高圧・低圧)と、ご利用方法(季節、時間帯等)などの特性により、総原価を、規制分野と自由化分野に配分し、各契約メニュー毎の料金を設定しております。
  • 原価の配分ルールは、経済産業省令(一般電気事業供給約款料金算定規則)において詳細に定められております。

1総原価の算定

各ご契約メニューの詳細な電気料金単価については「主なご契約メニュー」でご覧いただけます。

詳しくはこちら

TOPへ