電力自由化とは?

電力会社やご契約メニューを自由に選択できる電力自由化。
関西電力のオール電化の特徴をご紹介します。

電⼒⾃由化とは?

電⼒⾃由化の流れ

電力システム改革は大きく3つの段階に分かれており、第1段階の「広域系統運用の拡大」についてはすでに2015年4月に「電力広域的運営推進機関」が設立され、改革が進められています。2016年4⽉から、⼀般家庭向けの電⼒⼩売が⾃由化され、誰でも電⼒会社やご契約メニューを⾃由に選択できるようになりました。

電⼒⾃由化の流れ

電気をお届けする仕組みの変化

これまで

⼀般家庭向けは、発電からお届けまで、当社を含め各地域の電⼒会社が⼀貫して⾏ってきました。
(⼀部法⼈向けは2000年より⾃由化)

電気をお届けする仕組み:これまで

電⼒システム改⾰後

⼀般家庭も⾃由化の対象になります。また、送配電のためのネットワークの中⽴性を⾼めるため、送配電部⾨が発電・⼩売部⾨から分離されます。

電気をお届けする仕組み:電力システム改革後

関西電力のオール電化

充実のアフターフォロー!

電気給湯機の故障などのお困りごとに電話でサポート!

電気給湯機の簡易点検を実施!

電気給湯機の上⼿な使い⽅や節約のコツなどコンサルティングを実施!

家の中の電気のトラブル発⽣時に対応!

⽔まわり、窓ガラス、⽞関の鍵のトラブル時に駆けつけ!

おトク·便利!

電気料⾦や使⽤量をWEBで⾒える化

電気のご使⽤等でポイントがたまる

宿泊施設や飲⾷店等を優待価格で利⽤できる

詳しくはこちら

オール電化におすすめのメニュー

ご契約メニューの選び⽅

関⻄電⼒は、お客さまのご要望にお応えするおトクなメニューをご⽤意しています。給湯器の買い替えやリフォームのご予定がある⽅は、「はぴeタイムR」がおすすめです。

「はぴeタイムR」とは?

ご使用になる季節や時間帯によって電力量料金単価が異なるメニューです。
全ての時間帯で電力量料金単価が「従量電灯A」の第3段階料金単価よりお安くなっており、夏場の暑い昼間の時間帯にエアコン等をおトクにお使いいただけます。
また、家族だんらんの時間帯「リビングタイム」と、おトクな「ナイトタイム」に電気のご使用をシフトしていただく等の工夫で、電気料金を削減することが可能です。

基本料金 2,200円(最初の10kWまで)※10kWを超える1kWにつき388.80円が追加で必要です。
平日の場合 休日扱いの場合 平日の場合 休日扱いの場合
夜間だけでなく、家族のそろう休日や朝夕も割安♪
  • ※1 電気料金単価には、消費税等相当額を含んでおります。
  • ※2 休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。
  • ※3 7月1日から9月30日までの使用電力量は夏季料金(28.44円)を適用いたします。
さらに 電化割引 エコキュートとIHクッキングヒーターを設置すると、電気料金がさらに5%※5割引になります。
  • ※5 エコキュート等の電気給湯機を設置した上で、「はぴeタイムR」にご加入いただいたお客さまが、据え付けて使用する電磁誘導加熱調理器等のクッキングヒーターを設置いただき、電化割引の適用を希望され、当社との協議が整った場合は、電化割引を適用し、電気料金から割引対象額(基本料金と電力量料金(燃料費調整額は含みません)の合計額)の5%を割引いたします。

「はぴeタイムR」について詳しくはこちら

オール電化の経済性はこちら

まとめ

おトクなご契約メニュー「はぴeタイムR」に、省エネ給湯機「エコキュート」と安心・快適・便利な「IHクッキングヒーター」を中心とした電化機器に加え、料金や使用量を見える化するWEBサービス「はぴeみる電」を組み合わせることで、エネルギーをより上手に使い、経済的で安心・快適・便利な暮らしを実現する「オール電化」をぜひご検討ください。

TOPへ

関西電力公式SNS

  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram