×

温水洗浄便座の省エネ方法

温水機能のスイッチOFF

温水のOFF機能、タイマー節電機能があれば利用しましょう。
機能がなければ、使わないときはコンセントからプラグを抜きましょう。

便座の温度を低めに

さらに、旅行などの長期の外出時には、プラグを抜くと効果的です。

使わないときはフタを閉める

温水洗浄便座のフタを開けっぱなしにしていると、せっかくあたためた便座の熱が逃げていってしまいます。
使ったらフタを閉める習慣を身につけましょう。

温水洗浄便座の上手な選び方

「貯湯式」と「瞬間式」、特徴に合わせて選ぶ

温水洗浄便座には「貯湯式」「瞬間式」の2種類があります。その特徴を知ってから、製品を選びましょう。

貯湯式

洗浄水をヒーターで一定の温度で貯湯タンクに保温しておくタイプです。瞬間の消費電力は小さいですが、ヒーターに通電している時間が長いことと、連続して使用すると湯切れを起こす可能性があります。タンク容量は一般に0.8~1.4L程度です。

瞬間式

洗浄水用のタンクを持たず、洗浄時にヒーターの表面に水を流すことで湯にしながら吐水させるタイプです。洗浄中は湯切れの心配がないですが、瞬間的な消費電力は大きくなります。

TOPへ
  1. 電気
  2. でんきの安心ガイド
  3. ご家庭の省エネ方法
  4. 温水洗浄便座の省エネ方法

関西電力

Copyright 1995-2020 THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC. All Rights Reserved.