×

一部電気料金メニューの見直し
に関するご説明

見直し時期および見直し内容

実施日

2022年4月1日

  • ※見直し後の料金単価は、2022年7月1日以降適用となります。

<はぴeタイム(はぴeプラン)>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
基本料金 1契約につき最初の10kWまで 1契約 2,200円00銭 (変更なし)
10kWをこえる1kWにつき 1kW 396円00銭 (変更なし)
電力量料金 デイタイム(昼間時間) 夏季 1kWh 34円95銭 28円96銭
その他季 31円77銭 26円33銭
リビングタイム(生活時間) 23円47銭 22円89銭
ナイトタイム(夜間時間) 10円70銭 15円20銭
  • ※「デイタイム」とは平日午前10時~午後5時の時間をいいます。
  • ※「リビングタイム」とは平日午前7時~午前10時および午後5時~午後11時の時間ならびに休日扱い日の午前7時~午後11時の時間をいいます。
    なお、休日扱い日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日および12月31日をいいます。
  • ※「ナイトタイム」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。
  • ※「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」といいます。
  • ※使用量が0kWhの場合の基本料金は半額といたします。(ブレーカーが「入」の状態の場合、機器を使用されていない場合でも、待機電力等により電気が消費されることがあります。)

▽現在以下の割引の適用を受けているお客さま

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
はぴeプラン(全電化住宅割引) 1契約 -10% (変更なし)
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 1kVA -132円00銭 廃止
5時間通電機器割引額 1kVA -143円00銭 廃止
  • ※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合、基本料金および通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額・5時間通電機器割引額は半額といたします。

<時間帯別電灯>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
基本料金 1契約につき最初の10kWまで 1契約 1,210円00銭 (変更なし)
10kWをこえる1kWにつき 1kW 396円00銭 (変更なし)
電力量料金 昼間時間 最初の90kWhまで 1kWh 21円66銭 21円22銭
90kWhをこえ230kWhまで 27円95銭 26円80銭
230kWh超過分 32円00銭 29円91銭
夜間時間 10円70銭 15円20銭
  • ※「昼間時間」とは毎日午前7時~午後11時の時間をいいます。
  • ※「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。
  • ※使用量が0kWhの場合の基本料金は半額といたします。(ブレーカーが「入」の状態の場合、機器を使用されていない場合でも、待機電力等により電気が消費されることがあります。)

▽現在以下の割引の適用を受けているお客さま

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 1kVA -132円00銭 廃止
5時間通電機器割引額 1kVA -143円00銭 廃止
  • ※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合、基本料金および通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額・5時間通電機器割引額は半額といたします。

<季時別電灯PS>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
基本料金 1契約につき最初の10kWまで 1契約 1,210円00銭 (変更なし)
10kWをこえる1kWにつき 1kW 396円00銭 (変更なし)
電力量料金 ピーク時間 1kWh 54円22銭 52円05銭
オフピーク
時間
最初の90kWhまで 20円90銭 20円50銭
90kWhをこえ230kWhまで 26円97銭 25円89銭
230kWh超過分 30円88銭 28円90銭
夜間時間 10円70銭 15円20銭
  • ※「ピーク時間」とは夏季の平日午後1時~午後4時の時間をいいます。
  • ※「オフピーク時間」とはピーク時間を除く毎日午前7時~午後11時の時間をいいます。
  • ※「夜間時間」とは毎日午後11時~翌日午前7時の時間をいいます。
  • ※「夏季」とは毎年7月1日~9月30日の期間をいい、その他の期間を「その他季」といいます。
  • ※使用量が0kWhの場合の基本料金は半額といたします。(ブレーカーが「入」の状態の場合、機器を使用されていない場合でも、待機電力等により電気が消費されることがあります。)

▽現在以下の割引の適用を受けているお客さま

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額 1kVA -132円00銭 廃止
5時間通電機器割引額 1kVA -143円00銭 廃止
  • ※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合、通電制御型(マイコン型)蓄熱式機器割引額・5時間通電機器割引額は半額といたします。

<深夜電力A>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
(定額制) 1契約 1,253円27銭 1,703円17銭

<深夜電力B>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
基本料金 1kW 297円00銭 (変更なし)
電力量料金 1kWh 10円70銭 15円20銭
  • ※使用量が0kWhの場合の基本料金は半額といたします。(ブレーカーが「入」の状態の場合、機器を使用されていない場合でも、待機電力等により電気が消費されることがあります。)

▽現在以下の割引の適用を受けているお客さま

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
通電制御型(マイコン型)夜間蓄熱式機器割引額 1契約 -10% 廃止
  • ※電気を全く使用されない(使用量が0kWh)場合、通電制御型(マイコン型)夜間蓄熱式機器割引額は半額といたします。

<第2深夜電力>

(税込、円)

区分 単位 料金単価
2022年
6月30日まで
2022年
7月1日以降
基本料金 1kW 198円00銭 (変更なし)
電力量料金 1kWh 9円87銭 15円20銭
  • ※使用量が0kWhの場合の基本料金は半額といたします。(ブレーカーが「入」の状態の場合、機器を使用されていない場合でも、待機電力等により電気が消費されることがあります。)

<はぴeタイムR>

ゼロカーボン社会の実現に向けた今後の多様な省エネ給湯機の技術開発を促進すべく、「はぴeタイムR」の適用条件を見直しいたします。

(2022年3月31日まで)
低圧で電気の供給を受け、電灯または小型機器を使用し、デイタイムからリビングタイムまたはナイトタイムへの負荷移行が可能で、かつ、総容量が原則として1kVA以上の夜間蓄熱式機器(エコキュートや電気温水器等)またはオフピーク蓄熱式電気温水器(多機能型ヒートポンプ給湯機等)を使用されるお客さま

(2022年4月1日以降)
低圧で電気の供給を受け、電灯または小型機器を使用し、デイタイムからリビングタイムまたはナイトタイムへの負荷移行が可能で、かつ、総容量が原則として1kVA以上の電気式給湯設備等(エコキュートや電気温水器等の夜間蓄熱式機器、多機能型ヒートポンプ給湯機等のオフピーク蓄熱式電気温水器、ハイブリッド給湯器等で、台所や洗面などの浴室を含まない給湯需要の一部をまかなう小型電気温水器等の機器は除きます。)を使用されるお客さま

TOPへ
  1. 「はぴeタイム」等の一部電気料金メニューの見直しについて
  2. 一部電気料金メニューの見直しに関するご説明

関西電力

Copyright 1995-2022 THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC. All Rights Reserved.