【関東・首都圏エリアお住まいの方へ】
電気料金プランを確認し、電力会社の見直し・切替えを

電力会社の見直し・切替えのタイミングは?

電気代を節約し家計を見直したいとき

少しでも家計を節約したいけど、何かを我慢してまで節約するのは嫌だ…
とお悩みの方におすすめなのが、電気料金プランの見直しです。
電気料金プランを変更しても、電気の品質が落ちたり停電しやすくなったりすることはないので、無理なく節約することができます。

引越しのタイミングで切り替える

引越し先で新たに電気の契約を行う必要があるので、引越しをされるご予定があれば、それを機に電気料金プランを見直しされることをおすすめします。

引越しの手続きについて詳しくはこちら

電力会社の見直し・切替えのメリット

東京電力エリアも電力自由化!電力会社が選べるように

電力自由化により、関東・首都圏にお住まいの東京電力エリアの方でも、料金やサービスを比較して電力会社を選ぶことができるようになりました。当社も2016年7月から首都圏で、 東京電力の「従量電灯B」にご加入で、契約電流30A以上の方なら誰でも電気代がおトクになる電気のご契約メニュー「はぴeプラス」を提供しています。

料金のイメージ料金のイメージ

※(試算条件)
電気料金には、2019年10月分の燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金(2019年5月分~2020年4月分適用分)および消費税等相当額を含みます。
東京電力エナジーパートナー株式会社の料金は特定小売供給約款(2019年10月1日実施)の「従量電灯B」に基づき算定し、口座振替割引額を含みません。年間のメリット額は、上記の条件により試算した月間の料金を年間換算(12倍)して算出したものであり、実際のメリット額は電気のご使用状況等により異なります。

「はぴeプラス」に切り替えると、どれだけおトクになるかシミュレーションしてみましょう。

電気料金シミュレーション

電気料金の仕組み・違いをよく理解して選ぼう

東京電力 「従量電灯B」 と、関西電力「はぴeプラス」とでは、契約電力等の決定方法に違いがあります。
東京電力「従量電灯B」はブレーカーの容量で契約電流が決定され、電気料金の基本料金は毎月同じになりますが、関西電力「はぴeプラス」はその1月の最大使用電力と前11月の最大使用電力のうち、いずれか大きい値を採用するため、毎月の基本料金は使用した電力の実績値によって変動します。

※刻々と変化する使用電力を計量器(スマートメーター)により、30分単位で計量し、そのうち月間で最も大きい値を2倍したものがその月の最大使用電力となります。

イメージ図

電力会社を選ぶポイントについて
詳しくはこちら

電力会社切替えの手続きについて

関西電力「はぴeプラス」への切替え手続きは、インターネットなら24時間お好きな時間に、パソコンやスマートフォンからお申込み可能です。 画面の案内にしたがって入力するだけの簡単・便利なインターネット申込みを、ぜひご活用ください。

インターネットでのお手続きの流れ

手続きに関するよくあるご質問

電気使用開始の申込みは、いつまでに手続きをすればよいですか?
ご使用開始日の1ヶ月前からお申込みを受付しております。引越しシーズンは特にお申込みが集中しますので、お早めのお手続きをお願いいたします。
なお、ご使用開始当日のお申込みの場合、ご希望の時間に電気がお使いいただけない場合がございます。
ご使用開始日の前日までに、お申し込みいただきますようお願いいたします。
賃貸マンションやアパートでも電気の切替えができますか?
賃貸マンションやアパートでも電気の切り替えは可能です。
ただし、建物の管理者さまにて電気のご契約をされている場合、お客さまにて関西電力との電気のご契約(使用開始のお手続き)が必要か否かにつきましては、管理者さまにご確認をお願いいたします。
東京電力への解約の連絡は必要ですか?
関西電力への電気契約切替えに伴う東京電力への連絡は不要です。東京電力への解約手続きの通知は、当社にて行います。

関東・首都圏エリアでも「関西電力」の電気料金プランなら誰でもおトクに!

電気料金を見直す際には、東京電力の「従量電灯B」にご加入で、契約電流30A以上の方なら誰でもおトクな関西電力の「はぴeプラス」を、ぜひお選びください。
工事不要で初期費用無料、契約期間の長期設定や解約金も無いので、安心してお申込みいただけます。

「はぴeプラス」について詳しくはこちら

お申込みはこちら

TOPへ

関西電力公式SNS

  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram