低圧総合利用契約についてご説明します

【平成28年3月31日までにご契約いただいているお客さまへ】

小売全面自由化に基づき、現在選択約款として設定している料金メニューについて、以下のとおり、供給条件の一部見直しを実施しております。

電気設備容量が大きく、営業時間の長い商店や飲食店などの電気のご使用量が多いお客さま向けのメニューです。

低圧総合利用契約の電気料金のご案内[PDF 1.21MB]pdf

対象となるお客さま

下記のいずれにも該当し、この契約をご希望される場合

●低圧で電気を受電されるお客さま

●原則として契約電力が50キロワット未満のお客さま

●電灯単独または電灯と動力をあわせてご使用されるお客さま

(動力を使用される場合は原則として力率を85%以上に保持していただきます。)

料金のイメージ

従量電灯Bと低圧電力をご契約されているお客さまが、「低圧総合利用契約」に変更される場合の料金の比較

料金のイメージ

料金単価

(円,税込)

  単位 料金単価
基本料金(ひと月あたり) 1契約 64,800.00
電力量料金 夏季(*) 1kWh 20.22
その他季(*) 18.56
  • (*)7月1日から9月30日までの使用電力量は夏季料金を、その他の期間はその他季料金を適用いたします。
  • ・まったく電気を使用されない(使用電力量が0kWh)場合の基本料金は半額といたします。

電気料金計算例(その他季料金を適用の場合)

  • ・1か月の使用電力量・・・12,000kWh(電灯の使用電力量+動力の使用電力量)
  • ・口座振替割引契約を適用
契約料金

64,800.00円

電力量料金 222,720.00円=18.56円×12,000[kWh]
燃料費調整額

当該月分の単価に基づき算定いたします。

燃料費調整単価はこちら

[算定式]燃料費調整単価 ×12,000[kWh]

口座振替割引額

54.00円 (口座振替割引契約適用の場合)

再生可能エネルギー発電促進賦課金

当該年度分の単価に基づき算定いたします。

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価はこちら

[算定式]再生可能エネルギー発電促進賦課金単価(1kWhにつき)

×12,000[kWh](円位未満切捨て)

請求金額※   287,466円 = ①+②±③-④+⑤(円位未満切捨て)
  • ※上記の請求金額例には、消費税等相当額を含みます。
  • ※上記の請求金額例には、毎月単価が変動する燃料費調整額および毎年単価が変更となる再生可能エネルギー発電促進賦課金を含めておりません。
  • 実際に請求させていただく金額には、当該月に応じた燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算して請求させていただきます。
  • ※電気のご使用を廃止または開始される場合は、上記によらず日割計算をいたします。

電気料金のお支払いにあたりましては、次の事項にご留意下さい。

「お支払期限日」(検針日の翌日から30日目)を経過してお支払いいただいた場合は、その経過日数に応じて、年利10%(1日あたり約0.03%)の延滞利息を、原則として、お支払いされた直後に支払義務が発生する料金とあわせてご請求させていただきます。

ただし、「お支払期限日」の翌日から10日以内にお支払いいただいた場合は、延滞利息をご請求いたしません。

月間モデル試算 (その他季料金を適用の場合)

月間モデル試算(その他季料金を適用の場合)

契約期間

契約期間は、需給契約またはその変更が成立した日から、料金適用開始の日以降1年目の日までといたします。 なお、契約期間満了に先だって需給契約の消滅または変更がない場合は、契約期間満了後も1年ごとに同一条件で継続されるものといたします。

契約期間満了に先だって、原則として供給約款の従量電灯もしくは低圧電力または選択約款の時間帯別電灯、はぴeタイム、季時別電灯PSもしくは低圧季時別電力に需給契約を変更することはできません。

蓄熱調整割引

割安な夜の電気を使って、エネルギーを「氷」や「温水」などの形でストックし、昼間の冷暖房に使用します。このため昼間の使用電力量が低減され、さらに最大電力が抑制されます。おトクでクリーン、そして環境にやさしいメニューです。

蓄熱調整割引

対象

蓄熱式空調システム(エコ・アイス、エコ・アイスminiなどの動力機器)をご使用いただくことで、昼間から夜間への負荷移行が可能で、この契約をご希望されるお客さま

蓄熱割引額の算定方法

蓄熱割引額 = ①蓄熱電力量 × (②電力量料金単価 - 蓄熱単価〔1kWhにつき10.78円〕)

①蓄熱電力量 = 夜間使用電力量 - 控除電力量(*)

(*) 控除電力量※1 = 夜間使用電力量 × 控除率 ※2

※1控除電力量は、蓄熱運転設備と同一回路で計量された夜間使用電力量のうち、蓄熱運転によって昼間から夜間へ移行した電力量を除く電力量をいいます。

※2控除率は原則として10%といたします。ただし、負荷の実情に比べて不適当である場合は、あらかじめお客さまと当社との協議によって定めます。

(円,税込)

②電力量料金単価(低圧総合利用契約)

  単位 料金単価
夏季(*) 1kWh 20.22
その他季(*) 18.56
  • (*)7月1日から9月30日までの使用電力量は夏季料金を、その他の期間はその他季料金を適用いたします。

蓄熱ピーク調整割引

蓄熱槽に蓄えた熱を集中放熱することにより、ピーク時間帯におけるピークカットが可能なお客さまには蓄熱調整割引に加えて、さらに電気料金を割引させていただきます。

蓄熱ピーク調整割引

対象

蓄熱式空調システムをご利用になり、調整期間(7月1日~9月30日)(*)のピーク時間帯(13時~16時の3時間連続)に、当社承認の自動制御装置などによって、熱源機などを停止することが可能なお客さま

(*)調整期間は土、日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日および8月13日~16日を除きます。

蓄熱ピーク調整割引の計算方法

契約調整電力(*)×割引単価(1544.40円/kW・月)

(*)契約調整電力とは、調整時間に蓄熱ピーク調整が可能な電力をいい、あらかじめお客さまと当社との協議によって定めます。

・上記の割引単価は、消費税等相当額を含めた単価です。

お問い合わせ・お申し込み

この電気料金メニューについてのお問い合わせ・お申し込みは、お近くの関西電力営業所までご連絡ください。

各営業所の連絡先・営業時間は「お近くの関西電力の営業所」にてご案内しています。