×

ZEHの実現

ZEH補助金交付住宅の給湯設備にはエコキュートがおすすめ

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEHとは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備により、できる限りの省エネルギーに努め、
太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)でゼロ以下となる住宅のことです。

ZEHを実現するポイントは、「断熱」「省エネ」「創エネ」の3つ。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)イメージ図

ZEHには、1年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)でゼロ以下となるだけではなく、
国が定めた4つの要件を達成することが必要になります。

  • 強化外皮基準(関西(4~7地域)であればUA値≦0.6[W/㎡K])
  • 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
  • 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
  • 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

エコキュートの採用で一次エネルギー消費量を削減

ZEHの要件には、「再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減」というものがありますが、エコキュートを採用した住宅であれば、追加対策無しでZEH基準を満たす削減量を達成することが可能です。

モデル住宅における一次エネルギー消費量
  • ※住宅毎の一次エネルギー消費量の比較は、下記の条件に基づき、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律に基づいたエネルギー消費性能計算プログラム(住宅版)(監修:国土交通省国土技術政策総合研究所、独立行政法人建築研究所)により算出したものです。(ただし「その他の設備」を除く。)実際の一次エネルギー消費量はご家庭のご使用状況によって異なります。
  • (試算条件)
  • [●地域・建物条件]6地域、床面積:120.08㎡、UA:0.57W/(㎡・K)、ηA:2.3%、ηH:4.1%、Q:1.9W/(㎡・K)[●機器の仕様]冷房(各住宅共通)LDK:ルームエアコンディショナー(区分(い))、暖房(都市ガス併用住宅)LDK:ガス温水床暖房(熱効率87.0%)、その他居室:ルームエアコンディショナー(区分(ろ))、暖房(電化住宅)LDK:ルームエアコンディショナー(区分(い))、その他居室: ルームエアコンディショナー(区分(ろ))、給湯(都市ガス併用住宅・エコジョーズ)エコジョーズ(モード熱効率86.6%)、給湯(都市ガス併用住宅・ハイブリッド給湯暖房機)電気ヒートポンプ・ガス併用型給湯温水暖房機(暖房部:ガス、給湯部:電気ヒートポンプ・ガス)、給湯(電化住宅)エコキュート(JIS3.3、3.6)、コージェネレーションシステム(都市ガス併用住宅・エネファーム)エネファーム(SOFC)

ZEHには電気ヒートポンプ技術が選ばれています!

2019年度ZEH支援事業で補助金が交付された住宅のうち、給湯設備においてエコキュートの採用は約6割、主たる居室の暖房設備においてヒートポンプ式暖房の採用は約7割となっています。
給湯・暖房設備ともに「ヒートポンプ技術」を活用する機器が多く採用されています!

 ZEH支援事業における給湯設備の導入状況  ZEH支援事業における主たる居室の暖房設備の導入状況

オール電化で、
快適・便利な暮らしを

はぴeライフコール(オール電化に関するご相談・お困りごと)

0800-0800-500

【受付時間】9:00〜18:00(年末年始除く)

TOPへ
  1. オール電化
  2. ZEHの実現

関西電力

Copyright 1995-2020 THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC. All Rights Reserved.