• ガス小売全面自由化について

ガス自由化

自由化範囲の概要

1995年から始まったガス小売部分自由化の進展により、地域独占は終わりを迎え、2017年4月から小売全面自由化になりました。
ガスもお客さまが小売事業者を選べる時代です。

ガス小売自由化の変遷

ガス小売自由化の変遷 託送供給のイメージ

保安範囲の概要

関電ガスのお客さまには、関西電力が小売事業者として消費機器の調査を行います。
エネルギーのプロとして、これまでに培ったノウハウを活かしてお客さまの安全をお守りします。

全面自由化後のイメージ

※ガス漏れ等の緊急時には、従来と同じく、大阪ガスが対応を行い、当社は必要な連携・協力を行います

ガス自由化によるメリット・デメリット

メリット

ガス市場が自由化されることで、各小売事業者が切磋琢磨し、より低価格なプランや多彩なサービスが生まれるようになります。
お客さまは各社のプランから、ご自身にあった事業者を自由に選択できます。
ガス会社を変えても、ガス器具はそのまま使えます。

※プロパンガスから都市ガスへの切替えの場合は、都市ガス用の配管やガス器具(ガスコンロ、ガス給湯器等)の調整、取替えなどが必要になる場合があります。

デメリット

ガス自由化による大きなデメリットはありません。ただし、プロパンガスや賃貸物件の場合等は、自由に小売事業者を選べない場合がありますので、ご注意ください。

ガス会社を変更する際の注意点

ガスの種類

ガスには、大阪ガスなどが供給する「都市ガス」と、業者が各家庭にボンベを届ける「プロパンガス」があります。
「都市ガス」は、地下に埋設されたガス管を使って供給されます。
「プロパンガス」は、ガス管を使っての供給ではなく、ガスが充てんされたガスボンベ容器を専用トラックによる配送で供給する仕組みです。
「都市ガス」をお使いのお客さまは、今回の自由化により小売事業者を選べるようになりました。

賃貸物件

賃貸物件でもガス会社は自由に選べます。ただし下記の場合は、ガス事業者を選べないことがありますので、管理会社等にご相談ください。

  • (1)賃貸物件がプロパンガスを使用している場合
  • (2)戸別のガスメーターがなく、賃貸1戸でひとつのメーターだけの場合
  • (3)賃貸物件のある地域に参入している小売事業者がない場合
  • (4)不動産会社、管理会社がすでに特定の小売事業者と契約しており、居住者は他の事業者を選べない場合

おトクなプランのご紹介

なっトクプラン

関電ガス「なっトクプラン」なら使用量にかかわらず、大阪ガスの一般料金※1に比べて必ずおトク※2になります。

  • ※1 「一般料金」は大阪ガス一般ガス供給約款(2017年6月16日実施)に基づく料金をいいます。
  • ※2 使用量が0㎥の場合を除きます。

電気とセットでさらにおトク!「なっトクパック」

「なっトクパック」とは、関電ガス「なっトクプラン」と当社「従量電灯A」に比べて電気料金が必ずおトクになる「なっトクでんき」を組み合わせたものです。
「なっトクパック」なら、ガス料金も電気料金もおトクになります。

なっトクプランとなっトクでんきを組み合わせたなっトクパックならガス料金も電気料金もおトクに!! なっトクプランとなっトクでんきを組み合わせたなっトクパックならガス料金も電気料金もおトクに!!

結論!年間約9,900円おトクに! 結論!年間約9,900円おトクに!

  • (試算条件)
  • ※電気のひと月あたりの使用量260kWhは、当社の従量電灯Aの平均的なモデルにおける月間のご使用量です。ガスひと月あたりの使用量31m³は、大阪ガスのご家庭1件あたりでの平均的な月間使用量(2011年4月~2016年3月末の5年間の平均月間使用量)を参照しました。
  • ※電気料金には、消費税等相当額、燃料費調整制度に基づいた燃料費調整額(2019年5月分)および再生可能エネルギー発電促進賦課金(2019年5月分~2020年4月分適用分)を含みます。ガス料金には、消費税等相当額、原料費調整制度に基づいた原料費調整額(2019年5月分)を含みます。実際のメリット額は電気・ガスのご使用状況やご契約の時期、燃料費調整額・原料費調整額等により変動いたします。
  • ※電気セット割引は、ガス料金からの割引で、電気料金からの割引ではありません。割引対象額は基本料金、従量料金(原料費調整額は含みません。)の合計です。
TOPへ

関西電力公式SNS

  • twitter
  • facebook
  • youtube
  • Instagram